実体と情報のはざま

何事にも囚われず。

中国株日記 その2

 今、注目しているのは日清食品(01475)だ。無論、日本のではなく香港市場に上場している。ニッシンフーズと呼ぶ。何が良いかというと、日清食品が巨大な中国市場に打って出る拠点であること。いや、そう私が思い込んでいるだけかもしれんが。つまり、日本の日清食品本体の戦略上の位置づけを、まだちゃんと理解できていないけど、政治的なリスクやなんやらを回避しやすくなるだろうしいいんじゃないかと。現地の雇用というのも大切だしね。親近感の意味でも。

 2017年の売り上げは、2902.3HK$millionだそうだ。日本円で言うと、え~と、1HK$≒14円だから、いやその前にmillionはゼロ6つだから、え~、406億円くらい。売上高406億円。まだまだ小さい。伸びしろは株式投資で大切なことだからね。本日の株価は4.41HK$。PERなどの基本指標は割安かなと思う。配当は7.3HKcentだから配当利回り1.65%か。おいしくはない。カップヌードルはおいしいけど。趣味の釣りに持っていって、海で食べるとサイコーさ。

 ちなみに、私は最近(過去のヒドイ投資内容の反省から)基本戦略を見直している。”消費者独占力”を持つ商品を有する企業に投資することにしている。カップヌードル出前一丁などを有する日清食品はドストライク。湖池屋とも資本関係にあるし。中国の方々の評判はどうなんだろ。カップヌードルの旨さが通じるのかな。中国には強そうなライバルもいるようだし、目が離せない。

 日本つながりでいうと、最近日経新聞で知った本間ゴルフ。中国株銘柄になっているそうな。ゴルフやらんからよく知らんけど、知らないなんて言ってられない。巨大市場でブランド価値が出だしたら稼げそう。

 では、また。