読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

実体と情報のはざま

いつかデータサイエンティストになって世界を読み解く仕事がしたい!

息子が熱出した。。扁桃腺!?

 本日、中学生の長男が発熱しましてね。子供が熱出すとほんとに大変。辛そうな表情は見ているだけでこっちも疲れてくるし、いろんなスケジュールが一気に変わるし。

 まず、親が思うことは「原因は何か?」ってことですよね。でも考える前に、まずは「うつるやつかもしれないから感染経路を絶たなければ!」ってことで家族全員マスク装着。寝室も隔離。

 でも今回はうつるやつじゃなかった。医師によると、疲労(たぶん部活)とストレス(たぶん塾)が原因で免疫機能が低下して引き起こされた扁桃腺のハレとのこと。いわば、軽い単独事故みたいなもん。やれやれ。普段から免疫アップしそうな食べ物を食べさせているつもりなんだけどな~。ビタミンCとか乳酸菌飲料とかを飲ませたほうがいいのかな。

 ちょっと気になったので調べたこと。医師の数。お医者さんってひとくくりに言っても、色々な専門分野があってよくわからんけど、ざっくりどれくらいいるんだろうか?ウチの近くには比較的病院の数が多くて助かるんだけど、それでも仕事から帰ってきてから息子を連れて病院となると選択肢がほとんどない。医者の数がもっと多ければ競争原理で(?)遅くまでやってくれるかもな~なんて思ったりして。

 さっそく、大好きな、総務省統計局「日本の統計」をのぞいてみた。

f:id:myuteru:20170426225144p:plain

出典 総務省統計局「日本の統計 2017」

*10万人あたりを1000人あたりに換算しグラフ化。年号を西暦に変更。

 大体、大都市の小学校って1000人/校くらいですよね。それくらいの人数を2~3人で診ているんですね。内科/外科/小児科とか分野別に考えると、小数点以下になるんでしょうか。まあ、実際には地域差とか大きそうだけど。結局、多いか少ないかよくわからないけど、小学校の保健の先生が各校に1人ってことを考えると適切なような気もする。

 ただ、最近のデータはなかったけど2014年までは右肩上がりなんですね!なんと頼もしい。高齢化社会ですからね。必要なんでしょうね。

 じゃあ、世界はどうなんだろ。同じく人口1000人当たりの医師数をランキングっぽく並べてみた。

f:id:myuteru:20170427000726p:plain

出典 総務省統計局「世界の統計 2017」*順番を変えてグラフ化

赤いやつが日本。多くもなく少なくもなく。異様に多い国もあればゼロの国もあるようだ。さらに詳細をしらべたら何かドラマが待っている気がする。

 だけど、大切なことは、お医者様の数とかではなく、病気を未然に防ぐことだと思う。我が息子よ、自助努力お願いします。風呂出たら、早く髪の毛を乾かさんかい! ・・・早期の回復を祈る。

 では、また。