実体と情報のはざま

のんびりデータサイエンスでもやりますか

雨の日の過ごし方。釣りやってる?

 今日は朝から冷たい雨が降っていました。湿度が上がるのは大歓迎です。私の花粉症にも下の息子の乾燥肌にもとっても優しいです。しかし、お出かけするには二の足を踏んでしまいますよね。

みなさんはこんな日にどう過ごされているんでしょう?

 本牧海づり施設のHP内の釣果情報を見ると、304名の入場者がいらっしゃるということです。好きなことを満喫するってこういうことなんですよね。雨でも寒くても、決行しちゃうんです。

 ただ、海水温の変化って気温の約一か月遅れらしいんです。ってことは、海の中では3月はじめのまだ真冬並みの寒さだった頃のイメージです。魚の活性が上がっているかは・・・釣果を見るとちょっと厳しかったのかなという印象です。

 とはいえ、釣りって、釣り場へ行くこと自体が楽しかったり、釣れないときに仕掛けやコマセをああしようこうしようって考えるだけでワクワクしたりで、釣果自体は”釣り”の楽しみのだいたい2割くらいを占めるに過ぎないと思います。魚がほしいだけならスーパーへ行ったほうが安くて簡単ですからね。

 私は、毎年ゴールデンウィークあたりから釣りへ出かけます。やはり海水温の関係か、相模湾では堤防で青物が釣れだすのがこの頃からだからです。青物といっても最初はウルメイワシやマイワシの小さいやつがメインです。お盆を過ぎるとやや大きめのサバが釣れてきます。曇りで寒い日にはサビキなどコマセで寄せる釣りはせず、フカセ釣りで海藻に潜んでいるメバルを狙ったり岩陰のカサゴを狙ったりして楽しみます。

 そんなわけで、今日は釣りへ行くこともなく、静かに過ごしてしまいました。午後からは雨がほとんどやんだのですが、外出は近所の本屋とスーパーに行っただけでした。ゴールデンウィークを待ち遠しく思いながら、愛読している釣り雑誌「磯・投げ情報」を読んでワクワクしました。

では、また。